top herbandfarm member studymassage directsales contact
                  → タイハーブの効果効能
 
タイハーブの効果・効能
 
タイ語名 ตะไคร้ タカエ
学名 Cymbopogon ciyrtus Stapf
英語名 Lemon Grass
日本語名

レモングラス

分類 イネ科 Gramineae
同科植物 イネ、ムギ、サトウキビ、
トウモロコシ
効果効能 利尿効果、発汗作用、胃の中のガスを排出
タイを代表するハーブの一つ。主にトムヤムクンなどの料理に使用される。解毒効果も高く、肉料理などの臭みを消し、利尿効果・発汗作用にも優れている。日本では葉の先端部分をよく見かけるがタイでは根元の部分を輪切りにして料理に入れるため、初めて見た場合はそれと分からない場合が多い。繁殖力も強く、一般家庭でも庭先に植えて虫除けとして重宝されたり、ハーブボールの材料としても使用される。日本でよく知られているシトロネラも同科であるが、タイでは主に虫除けスプレー・クリームに使用される。
 
タイ語名 มะขาม マカム
学名 Tamarindus indica Linn.
英語名 Tamarind
日本語名

タマリンド

分類 マメ科  Leguminosae
同科植物 イネ、ネムノキ、ラッカセイ、
レンゲ、インゲン、オジギソウ、
エンドウ、クローバー
効果効能 便秘解消、筋肉痛緩和等
料理用・健康食・お菓子として古くから親しまれている。生の葉はスープ類に使用され血液をきれいにする効果がある。果肉は甘いタイプと酸味のきいたタイプがあり、前者は穏やかな整腸効果があり、便秘解消や腸内をきれいにするのに効果があり、後者はほとんど食されることはないが、妊娠中のつわりの時期に食べることがある。ハーブボールには葉の部分を使用、主に筋肉痛や腱の痛みを和らげる効果がある。また生の葉はユーファイのハーバルバスに用いられ肌を白く、張りを取り戻す効果がある。
タイ語名 ไพล้ プライ
学名 Zingiber cassumunar Roxb.
英語名 Zedoary
日本語名

ポンツクショウガ

分類 ショウガ科Zingiberaceae
同科植物 ショウガ、ウコン、ガジュツ、
オオバンガジュツ、ナンキョウ
効果効能 筋肉痛の解消、肌荒れ解消、
母乳の出を良くする、体内のガス排出
タイハーブの代表格であり、ハーブボールには必須の成分。どのハーブボールにも必ずと言っていいほど入っている。主に皮膚から有効成分を浸透させることにより筋肉痛の解消に効果がある。プライバーム(マッサージ用タイガーバーム)にも主成分として使用されている。また出産後の女性の健康ケア(ユーファイ)では、授乳期間中に母親が生のしぼり汁を飲み、母乳の出を促がすとともに体内のガスを排出するのを助ける。母乳を飲んだ乳児にも同じように体内ガスを排出させ便通を促がす効果がある。またヤードム(日本でいうとスティック型のメンソレータム)にも入っており、その香りはリラックス効果や気分を爽快にしてくれる効果がある。様々な効果があるプライだが、ドライハーブの場合加工から1年経つとその効果はほとんど期待できない。長くても加工後3ヶ月までの物を使用したハーブボールを選ぶのが大切である。
   



Copyright (C) 2011~2016 Samunprai-farm Project Thailand All Rights Reserved.